ガビオンをDIYしませんか?

ガビオンて、ご存じですか?

 

日本語で言うと、布団かごのことで、土木工事などでは土留めに使われたりする石を入れる四角い籠のことです。

山の斜面などに使われている場合があるので、気を付けてみてみると結構使われています。

 

”布団かご”なんていうとかわいらしい感じですが、英語に直訳すると“ガビオン“。

最近ではおしゃれなリゾートホテルのエントランスとか、お家のエクステリアのアクセントに使われています。

  

只今、雪が降る前のスペシャルディスカウント中!

DIYセットを20%引きにします。

 

雪が降ったら割引終了です。

送料は別途かかります。

弊社まで取りに来られる方も大歓迎です。

 

”ガビオンて興味があるけど、どこで買うの?”

”外側の籠は売ってるけど、石ってどこで買うの?”

”エクステリアの業者さんを頼むのもいいけど、DIYできたら面白そう…”

 

なんて方、きっといると思います。

 

そこで弊社ではガビオンのキットの販売を始めます。

 

受注後からお届けまでに1週間ほどいただきます。

余裕をもってご計画ください!

 

奥行30センチ × 幅90センチ × 高さ45センチ  ほかにも様々な大きさがあります。

このサイズは間仕切りや、ちょっと腰掛けるベンチなどにちょうどいい高さです。

風化花崗岩の石を周りに配置して

ロックガーデン風に飾ることもできます。


配送時

30センチ×90センチ×45センチのガビオンには、

こぶし大の石と小石(隙間を埋めるのに重要。)入りの土嚢袋7袋と、

大きめの石が30個くらい必要でした。

重量は全部で120キロでした。

見た目よりも重いんです。

ガビオン本体

設置前に石を入れてしまうと重くて動かせないので、

本体と中身の石は別々にしてお運びします。

設置場所の準備

水平な場所を確保、またはコンクリートなどで土台を作ってから設置します。

背の高いものは地中に埋めて、コンクリートで固定し、転倒防止策をとります。

転倒の危険が少ない、または転倒しても被害のない場所などは水平な場所であればそのまま置いてよいと思います。

(そのあたりの判断はご相談ください)

 

石を半分くらい詰めたら補強ワイヤーを二本入れて籠が膨らまないようにします。

上に石が飛び出るくらい入れてしまうと、上蓋部が閉まらなくなるので、調整しましょう。

完成


二つ並べて設置し、ベンチ代わりに使用してもよいですし、

重ねて高さを出しても(その場合は補強をお勧めします)良いですね。

(本体の大きさによりお値段は変わってきますが、この大きさ(30x90x45センチ)の場合キット代金は30000円です)

 

キット販売の内容は、

  • ガビオン本体
  • 石(大き目30個、こぶし大の石~小さ目 土嚢袋に7袋)
  • 積み下ろし

 

となっております。基本的には石詰めはDIYでご自身でしていただきます。

 

オプションで、設置場所の確認、水平レベルの確認、土台舗装などできますのでご相談ください。

 

送料は距離によって違いますのでお尋ねください。